資源の有効活用

オガ粉

家畜舎敷ワラの代替品などに使われているオガ粉。中でもキノコ栽培は、従来の原木栽培からオガ粉と栄養剤を混合した培地を使用し、屋内で湿度と温度を管理する菌床栽培へと移行しています。それによってキノコの安定供給が可能となるため、オガ粉の需要も拡大しています。

<オガ粉を生産>

木材をチップに加工する際、どうしても発生するのが「チップダスト」。当社では、チップをスクリーンで選別する際に発生するチップダストを集めるとともに、オガ粉を製造する専用機を導入して、ブナ、ナラ、サクラなどの丸太を細かく粉砕し、オガ粉を製造しています。

<国産広葉樹100%のオガ粉>

当社が製造しているオガ粉は産地が明らかな国産広葉樹100%の良質なオガ粉です。保温性や吸湿性、脱臭性などに優れており、お客様のニーズに応じてオガ粉の粗さを調整することも可能です。

<キノコの菌床に最適>

当社のオガ粉は主に、キノコ栽培の菌床として活用されています。中でもマイタケの栽培には、純粋な広葉樹100%でないと育たないため、良質な木材を原料とし、お客様の信頼にお応えしています。